ジョブカフェは、若者の就職活動をサポートするところ

2003年6月に、経済産業省と厚生労働省の連携事業として「若者自立挑戦プラン」が策定されました。

 

ジョブカフェは、その一環で、若者の能力向上と就職促進を目的に、就職支援をワンストップで行う施設です。都道府県が主体として設置し、ハローワークを併設し、職業紹介も行っています。

 

「何かをしなければとは思うけど、どうしたらいいのかわからない」
「自分に何が向いているのかわからない」
「自身がなくて企業に行けない」

 

多くの若者がこういった悩みを抱えています。

 

日本というのは、再チャレンジが難しい社会なんですね。新卒のときに就職しないで、そのままフリーター生活に入ってしまうと、なかなか正社員として就職することが難しくなります。

 

特に近年は、企業が正社員から非正社員への置き換えを進めてきましたから、若者の非正規化が大きく進んでいます。そんななかで、自分に自信を持てない、将来に夢を持てない若者が、残念ながら増えています。

 

働かない、働けない若者たちの理由は様々です。悩みは尽きません。

 

そういった若者たち一人ひとりの悩みや相談に多面的に応えるのがジョブカフェです。そのためにワンストップセンターとして運営されています。

 

立地も駅前など、比較的便利なところにあります。「カフェ」という名前がついているように、自由にコーヒーなど飲み物も飲むことができます。若者が気軽に訪れることができるように心がけて運営されています。

 

就職活動に自信が持てないという方は、ジョブカフェを上手に利用してみましょう。

更新履歴